ペニスの勃起を助ける魔法の薬として一世を風靡したあの「バイアグラ」は、今も世界中の悩める勃起不全患者の皆様を手助けしています。そして更に、現在では病院の処方箋を必要とせずに通販で個人輸入することも可能です!

バイアグラと抗うつ剤でEDを治す方法もある

EDの原因はひとつではなく、複数の原因が絡み合って生じることも多いのです。
生活習慣病や加齢による血行不良が原因ならば、バイアグラなどのED治療薬を使用することが多いです。
心因性の症状も認められる場合は、抗うつ剤を処方されることもあります。
30代以降からEDが増えてくる要因は年齢的なものだけではありません。
仕事や家庭、お金のストレスが増大しやすい時期であり、心因性のEDが発生しやすいのです。
自分のペニスに自信を持てない方も、心因性のEDのリスクが高くなります。
こうした方は、バイアグラと抗うつ剤を服用する方法で治療することもあります。
勃起力が不十分な状態を改善するには、バイアグラを服用して一時的に勃起させるしかありません。
精力剤などの健康食品には即効性がないため、今すぐに性行為をしたい状況では使えません。

ただ、バイアグラは根本的にEDを治すことはできないのです。
一時的に勃起力を上げる方法であり、ストレスが原因のEDを治療するためには元となるストレスを解消するしかありません。
慢性的なストレスが溜まると、うつ病を発症することがあります。
メンタルが不安定な状態になると、ペニスの立ちも悪くなります。
男性のメンタルは女性が思っている以上に繊細で、ペニスが人よりも小さいという理由で勃起不全になることもあるのです。
また、勤務時間が長いと睡眠時間が減るので、それによりEDを引き起こすことがあります。
こうした場合は、抗うつ剤を服用する治療方法が用いられることが多いです。
バイアグラと比較して薬価は非常に安いものです。
いずれにせよ、EDを治療するときは医療機関で検査を受けるべきです。
自己判断で薬を購入して服用するのは避けましょう。
原因に合致しない方法で治療をしてもよくなりません。